お問い合わせ
LINE
access

埼玉県川口市 アルファロメオ・アバルト・フィアット・マセラティ他、欧州車のメンテナンス・チューニング プロショップ [スティーレ]

Stile (スティーレ)

MOTER SPORTS― Race Report

STILENIA_logo

2017.07.23 Twinring MOTEGI

(JAPAN SPIRITS®)

 

『陽炎』

 

idlers Games 12Hours Endurance 2017

 

 

**********

STiLENiA DRIVERS LINEUP

 

[プロジェクトリーダー]上松淳一

[STiLENiA総監督 & 101号車監督] 高梨宏幸

[110号車監督】 内海直亮

 

[通信 & ITサポート] 西澤嗣哲 & 佐藤光圀

[SSTリーダー] 伊藤由明

 

MiTo 1.4T "黄色ちゃん"  #101

[Dr./ドライバー]

高梨宏幸 (ぴたお)監督

上松淳一 (アゲマツ)チームリーダー

大谷飛雄 (トビオ)

西澤嗣哲 (ヒデヨシ)

 

156TSセレ "耐久号" #110

[Dr./ドライバー]

内海直亮 (あっず)監督

猿渡清司 (SAR)チームリーダー

山路健史 (ジーヤマ)

渡辺幸雄 (コジパパ)

入江保 (たもつ)

北村寿春 (きたむー)

奥口隆弘

伊藤由明 (ヨシアキ)

高田康史 (モミップ)

 

[SST(STiLENiA Support Team)]

[給油]

(101号車)

河奥晶紀 (tutu)リーダー

斎藤克治 (かつじぃ)

保科健司 (あずぱー)

瀬上透 (セガミン)

 

(110号車)

國生政義

田村寿

後藤芳弘

 

(買い出し)

黒川建 (クロちゃん)

 

[計時]

(サインボードエリア)

深野泰章 (はいぱー)リーダー + Dr.サポート

長谷川順一 (ハセジュン)

あかちゃん + 介護

はるちゃん + 介護

 

(ピットストップ計測)

小野純平 リーダー

太田詔

 

[記録(写真)]

小西秀宗 (コニオ)

伊藤優甫 (JAPAN SPIRITS®)

 

[介護 (メット・給水)]

まみちゃん

あず

りっくまん

 

[メカニック]

伊藤由明 (ヨシアキ) + ロリポップマン + 110号車Dr.

高田康史 (モミップ) + Dr.サポート + 110号車Dr.

 

**********

 

気を抜くと意識が遠のく。昏睡を振り払うように遥か遠くビクトリーロードを見据えると、朧げにもやもやとした揺らめきが浮かび上がる。照射を受けて立ち昇る煌めきがホームストレートを立ち上がって近づいて来る。コース上に熱気が混ざり合い、鮮やかな彩りとなって光の屈折を織りなしている。それはやがて轟音を引き連れて形となって姿を現わす。タスキというゼッケンナンバーを背負って、各マシンがコントロールラインを力強く通過していく。

 

開始から5時間余り(13:00)。

 

第5,6の連続スティントをヒデヨシが走りきり、第7スティントを任されたトビオが、小雨ぱらつくピットロードを飛び出して行く(12:53)。

右フロントの駆動系からゴリゴリと嫌な音を立てながら、第1コーナーに飛び込んでいった。

 

各マシンが周回を重ねるなか、MiTo #101はそこにいない。4コーナーを過ぎたストレートの退避エリアで、マーシャルの救援を待っている。トビオの第7スティント。

 

第4ピットに陣取るSSTも、ピットモニターに映し出された映像と「黄色いアルファロメオが止まっています!」というアナウンスに、状況が掴めずにいた。

 

不安な箇所は直したのに!

 

この1時間ほど前(11:40)、ヒデヨシのスティント時、左フロントのドラシャに違和感を感じ、ピットストップルール5分以降からとなるメンテ時間を7分間でドラシャ交換を終えて、(周回ロス2LAPのビハインドの計算)コースに復帰していった矢先のトラブル。

 

ここまで全てが順調と言えるぐらい完璧に回っていた、、、

 

はずだった。

 

104LAPで時間が止まる。

 

STiLENiAのチーム力が試されていた。

 

(JAPAN SPIRITS®)

 

今年もまた"熱い夏"がやって来た。

「本気を楽しむ!」をスローガンに、黄色MiTo #101と、いつものメンバーがモテギに集結する。

 

全104台となったエントラント。

 

クラス別(25〜90位)のスタート順位は88位。

ぴたお総監督の相変わらずのクジ運の無さに、一同苦笑いしながら、グリッド位置まで皆んなで手押しする。

 

(JAPAN SPIRITS®)

 

7:57。第1,2スティントを任されたエースDr.トビオが、スタートのクジ運を跳ね返すローリングスタートから圧巻のオーバーテイクショー。

9:34には、88位から84台ごぼう抜きの4位に浮上する。

 

第3スティント ぴたお、第4スティント アゲマツも順位を落とすことなく、総合7〜8位をキープしている。

 

13:02。

「えー、たった今、たった今、ドラシャが折れましたー!

トビオの叫び声。ピットに緊迫した無線が入る。

 

13:23。

リペアエリアでMiTo #101の到着を待つ。

 

13:31。

SSTがパドック前のピットガレージまで懸命に手押しで運ぶ。

ここでアゲマツとぴたお総監督が話し合う。

疑惑のFドラシャは交換済みであることから、残るはデフではないかと疑念が懸かる。

故障原因がデフとなると、リカバリーに何時間か費やすこととなり、メカも兼任するアゲマツの負担も掛かる。

 

ぴたおの判断は、

「そこまでしてリカバリーしなくて良い。もうリタイアしよう。」

「直して欲しい」と伝えればアゲマツは何時間掛かってでも直す男なのは、ぴたおが一番知っていた。だからこその苦渋の決断だった。

 

すぐさま、サインボードエリアのハセジュンにもリタイアの決断が伝えられる。

「しょうがないんですかね〜」

#101号車のタイム計測をほぼ一人で、黙々とこなした男にも、無念の思いが滲み出る。

 

取り敢えず、ジャッキアップしタイヤを回す。右フロントタイヤが空転している、、、

「ん?これ右のドラシャじゃない?」

アゲマツが気付く。

「これ、すぐ直るよ!」

全員の心に火が着いた。

 

13:36。パドックから道を開けて貰い、急いでピットへMiTo #101を押し込む。

 

メカのヨシアキとモミップが素早くジャッキアップし、アゲマツと3人で5分掛からずにドラシャを交換する。

 

その間、サインボードエリアにも"レース続行"の意思を伝え、備えるよう指示が入る。

 

給油チームも、担当をローテーションしながら、完璧にこなしている。かつじぃが消化器を持ち、tutuとセガミンが20Lのガソリンタンクを抱えて給油し、あずぱーが今年から増えた給油回数シールを貼る。

 

各持ち場の士気が上がる。

 

13:43。ジャッキから下ろされ、手押しでピットロードへと送り出されたMiTo #101。

 

引き続きトビオが第8スティントのタスキを繋いでコースへと復帰していった。

 

 

この光景を心配して見守るように見ていた、もう一人の監督、あっず。

昨年はDr.が集まらず、サポートに徹していたが、走りたい衝動は抑えることが出来ず、今回"耐久号"#110の監督に名乗りを上げて、2年振りのSTiLENiA 2台体制の大役を果たした。

 

「#101号車も心配だけどさー、俺は#110号車の監督で持ち場もあるし、同じチームだけど別運営でライバルだと思ってるから、互いに信頼しているからこそ手は出さない」

 

そう言って、#110号車のDr.交代のサポートに入る。

 

元々、皆んなで走る耐久は苦手で、STILEが12耐に参加し始めた頃は、スプリントレースにしか興味がなく、耐久には参加しなかったぐらい。

それがあずを連れてカメラだけ撮りに来るようになり、翌年初めてDr.で走るようになり、今年はとうとう先頭きって、監督として取り纏めをするまでになった。

 

参加チーム名、"オサーン祭り(髭)"と銘打ち、9名のDr.全員でサポート係も分担し、耐久を楽しんでいる。

 

事前打ち合わせで、Dr.もやってサポートもやると全員休む暇がない事が分かり、恐る恐るそれを皆に打ち明けると、皆んな意に介さない返事ばかりか率先して各サポートも直ぐに決まる有り様だった。さすがのあっずも「皆んな(愛すべき)バカなのか?」と思ったが、心強くもあり感動していた。

 

新潟から前泊で駆け付けたコジパパや、12耐でのモテギ参戦は2年振りとなるSAR。きたむーも忙しい合間を縫ってDr.を買って出た。

給油係には、Dr.経験もある國生、12耐初体験の田村とごっちゃんがサポートに入る。

ガソリン買い出しには、給油リーダーのtutuが連れて来てくれたクロちゃんが、#101号車と#110号車の両方を請け負ってくれた。

 

(JAPAN SPIRITS®)

 

#110号車のスタート順位は57位。

あっず監督の先導で、Dr.全員で和気藹々と156 TSセレ "耐久号"を手押しする。

 

スタートDr.は安定感で定評のあるジーヤマが務める。ジーヤマもこの日の為にレーシングスーツを新調する熱の入りよう。髪も短髪に整え気合い十分である。

 

第3スティント コジパパが、62位まで落ちた順位を46位まで押し上げる。

 

(JAPAN SPIRITS®)

たもつが第4スティントを37位まで押し上げて、無事に終えると、サインボードエリアから現時点でのチームベスト2'33.113を叩き出したことが伝えられる。

スプリントと違い、「何かトラブルが起こればそこで終わってしまう」耐久の怖さを口にしていただけに、安堵の表情を浮かべる。

 

第5スティントのSARも、久し振りの12耐を楽しみ、第6スティント奥口の後、給油なしエンジンオイルチェックのみを行い、第7スティント きたむーへと繋ぐ。

 

開始から6時間。ジーヤマがスタートDr.から2巡目となる第8スティントに入り105LAPを紡いだ。ここまであっず監督が立てたプラン通りに進んでいる。

ジーヤマがそれに応え25位までプッシュして降りて来る。介護チームが冷えたタオルを差し出し、素早くヘルメット、ハンス、グローブを預かる。フラフラ汗だくの中にも満足気な笑顔を浮かべ、子供のような笑顔を魅せる。

 

#110号車のどのDr.も、無事にタスキを繋げた安堵感と、誰がベストタイムを更新するのか?負けないよ?と軽口を叩き合っている。耐久本来の「皆んなで楽しむ!」を#110号車の皆が率先して実践している。

 

第9スティント SARが、50位まで沈んだMiTo #101号車と対照的に、32位 135LAPで繋ぐと、第10スティントで奥口が、先日のアルチャレでレースA総合優勝を果たした片鱗はここモテギでも開花しチームベストとなる、2'32.578を刻んでみせた。25位で走行を終え、尊敬するジーヤマ 2'33.673を上回り、「ジーヤマさんを抜きましたか!」と顔を綻ばせた。

 

あっず監督も、皆んなDr.で疲れているはずなのに、誰も不満を零さずサポートもこなし、それぞれがこの場を楽しんでいて、「本当に最高の仲間たちだよ!」と感謝を口にする。

 

開始から9時間(17:00)。きたむーの第12スティントを終え、リアブレーキパッドを交換する。残り3時間で初めてトラブルらしいトラブルを迎える。初監督で組んだ作戦プランとして、ここまでの時間ノートラブルでほぼ時間通りに進み、淡々と周回を重ねたことが奇跡である。

あっず監督も、156 TSセレ "耐久号" #110号車を「とても乗りやすく壊れる気のしない良いマシン」と褒め称え、更にSST含めたDr.全員の頑張りのお陰と胸を張る。

 

17:42 全車ライトオン。モテギのコースにも夜の帳(とばり)が落ち始める。

 

優勝圏内から脱落してしまったMiTo #101の方は、各Dr.は気持ちを切り替え、タイムアタック勝負に走る。燃費なんて考えずガンガン攻めて、タイヤももう1回換えて、真剣な"お祭り"モード。

開始から10時間(18:00)には、一時は62位まで落ちた順位を33位まで盛り返す。

ここで#110号車 38位を抜き返す。

 

11時間経過(19:00)。いよいよラスト1時間。

MiTo #101はDr.全員の巻き返しで23位まで浮上。

 

156 TS "耐久号" #110は37位。

第15スティント この11時間メカとして懸命に2台のマシンを守り抜いたモミップがレーシングスーツを身に纏い、Dr.交代を待つ。

隣にはあっず監督が居る。

「もし何かあったら、ごめんなさい」

皆でタスキを繋ぐ重責に、モミップの口から不安が零れる。

「なあに気にすんな!楽しんで、思い切って行って来い!」

 

(JAPAN SPIRITS®)

 

ラストスティント。

#101はアゲマツが、#110はヨシアキが"アンカー"を務める。

それぞれのサポートが全員でマシンを送り出す。

 

(JAPAN SPIRITS®)

 

(JAPAN SPIRITS®)

 

19:57 ラスト1周。MiTo #101は21位、耐久号 #110は31位まで追い上げる。

 

チームの誰もがチェッカーを見届けようと、サインボードエリアのフェンスに張り付く。

 

20:00 チェッカー。

 

#110 20:01'40.313.

 

#101 20:02'01.102.

 

ゴール。コントロールライン通過。

 

ヨシアキもアゲマツもコンクリートウォールに寄りながら、仲間たちに手を振りゴールを分かち合う。

 

 

そして、誇らしげに2台のマシンがピットに帰還してくる。

「(ヨシアキ)ヨイショ!さぁこい!さぁこい!」

「(アゲマツ)おつかれー!おつかれー!」

 

どちらも計ったかのように、レーシングスーツを脱いでパンツ一丁でフルバケシートから降りて来た。

仲間たちもそれを見越したように、遠慮なく用意していた水を掛ける!掛ける!

耐久恒例とも言える、手荒い"祝福のシャワー"!

 

 

  

「(はいぱー)来年からはハセジュンにサインガードのリーダー預けて、オレは110号車で下積みに入ります。」

 

「(#110 あっず監督)監督なんて柄でもなかったけど、プラン立てたりなんだりやってたら結構楽しい〜。

当日もサポートする皆んなの姿を見て、また感動してこっそり泣いてました。

特にガソリン買出しの黒川さんの献身的なサポートには頭が下がる思いでした。

レースの方は、残念ながら残り3時間でブレーキが終わってしまい、計算していた予定周回数には届かず、実は一昨年の高山監督の232LAP超えを狙っていたんですが、皆んなで走って皆んなでサポートして、完走まで出来たので大満足でした。

来年もまた監督やりますので、是非走りましょう!

 

(#101 ぴたお総監督)101号車は勝つためのチームです。とことん結果を求めていきます。

今年は勝てると思っていましたが、期待外れの結果で終わってしまいました。

40分の修理を行った中で、236周、クラス12位、総合21位は頑張ったと言ってくれる人もいますが、全く満足してません。結果残せなくてごめんなさい。

来年は最高の結果でお返しすることを約束します。

 

「(アゲマツ)今年はドラシャの件で、早々に勝負権を失ってしまって、昨年の結果より下位に終わっちゃいました。でもそこから、真剣にしなきゃいけない時は真剣に。笑える時は笑いながら。

そのメリハリも切り替えも、同じ気持ちの人間の集まりだから楽しく終われたのかな~と思います。

頑張ってくれるサポートの皆さんとの関係も年々増してるから、来年は優勝という形で恩返ししたいと、ドライバー全員がそう思っています。

その為にも、今年の12耐は良い勉強になりました。

 

2017 idlers 12耐。

誰もが昨年を上回るパフォーマンスと更なる結果を求め挑んだ今年の夏。

けれど、神様はそう簡単には勝たせてくれない。今年もまたこの結果に満足する事がなかった。

あの時見た、揺らめきを放ちながらも煌めいていた"陽炎"は、常に高みを目指している"追い求める姿"だったのかもしれない。

 

"本気を楽しむ!"

 

来年もまたこの場所で。

この仲間達となら、きっと最高の夏が待っている。

 

 

2016.07.23 idlers Games 夏の12時間耐久 in ツインリンクもてぎ 公式result

 

全出走台数 104台

Endurance-2クラス 66台

 

STiLENiA Works

スティテニアMiTo #101

最終結果 236周

総合21位 クラス12位

 

スティテニア156 TS #110

最終結果 231周

総合30位 クラス20位

 

「皆様のご声援ありがとうございました。全ての人に感謝します。」(スティーレ代表 上松淳一)

 


Race Report

Race Report