お問い合わせ
access

埼玉県川口市 アルファロメオ・アバルト・フィアット・マセラティ他、欧州車のメンテナンス・チューニング プロショップ [スティーレ]

Stile (スティーレ)

MOTER SPORTS― Race Report

STILENIA_logo

2016.03.06 ETCC2016 vol.2 FUJI-1day Special in FSW

繋ぐ絆

 

10360561_531380190355857_3686126917182043024_n

 

**********
STiLENiA DRIVERS LINEUP

ETCC SPRINT

[S200]No.100 前田一郎

 

Endurance 4.0h

[OC2000]No.103 倉田健 猪股義周 上松淳一 山路健史

[TR1000]No.201 (監督)清塚佳正 藤田徹 長谷川順一 乙部博則 入江保 小野純平
**********

 

レースも中盤に差し掛かった頃。スピーカーから実況アナウンスがピットに流れてくる。
「チーム名"さよならおっさんの会"ですが、おっさんとは誰なんでしょうか?そして"さよなら"ということは、おっさんは何処に行ってしまうのでしょうか?興味が尽きませんねー」

 

12813998_531379580355918_7789014063969750597_n

ピットレーン辺りで戦況を見守っていたSTiLENiA達からも、どっと笑いが起きる。
これには、当のおっさんも堪らず、
「おっさん、おっさん、うるさいわっ!誰がおっさんやねん!おっさん言うな、ったくー。がはは」
倉田のおっさん、アナウンスをヤジりながらも満更でもない様子である。

スタートから2.5h経過し、時計の針は15:30辺り。レースも折り返し、後半に入っている。

チーム名"スティレニア・さよならおっさんの会"。
アルチャレ古参エントラントであり、STiLENiAの"いぶし銀"こと倉田健が春に東京から異動することになり、ラストランにこの4h耐久を選んだ。同じく古参の"長老"猪股が挙げた声掛けにG山が漢気を魅せ、アゲマツが呼応した。
駆るマシンはおっさんの原点、156。カーナンバーもこれまた"103=おっさん"と読めなくもない。役者が揃い舞台は整った。

 

12814788_531377373689472_5060300066160433463_n

その"おっさん号"。10番手スタートから快調に順位を上げて一時は4位まで浮上していたが、今はピットでジャッキアップされている。

12494917_531377433689466_6359678409960490467_n 12821627_531377407022802_8777961881828264380_n

残り1.5h余り。第3スティントのアゲマツの周回時、ドラシャトラブルで緊急ピットインを余儀無くされていた。アゲマツはレーシングスーツのまま、よしあきと直ぐに修理に取り掛かっている。応援に駆け付けたミヒロもサポートに入り、なんとかコースに復帰出来るよう懸命のリカバリーに当たる。

1395994_531377370356139_9195832197012505673_n

ジリジリと過ぎて行く時間。
第4スティントのG山も焦燥感を抑え、静かに戦況を見守りピットで集中力を切らさずに佇んでいる。

ピットの中にいる"おっさん号"は周回を重ねる事が出来ず、懸命の修理に動く3人以外は時間が止まっているようにさえ見える。コース上が気になり、ピット ロードまで足を延ばす。そこからコース上に目をやると、少し前からパラついていた雨は次第に雨足を強め、今は完全にフルウェットのコンディション。

10322772_531380113689198_6888321160387236115_n

隣にいる倉田や猪股が、コントロールラインを通過して行く他チームのマシンを目で追っている。
さらに雨粒が大きなる。イエローフラッグが振られこの時間帯、初めてペースカーが入る。

12832293_531380053689204_2256769401812760787_n

「ヨッシャー!直ったよー!」
「下ろしまーす!」
アゲマツの声に続けて、よしあきがジャッキを下ろす。

10371446_531379867022556_944138905668831932_n 1916926_531379963689213_3928934151732040157_n 12832298_531379550355921_9127274556420770267_n 252281_531380007022542_4283489555799418227_n

繋ぐ襷、紡ぐ絆。

G山がコクピットに収まり、倉田がハーネスを締め上げる。倉田の気持ちを受け取るようにG山がコースに飛び出していった。襷が繋がった瞬間だった。

 

10360416_531377197022823_7006799346080118392_n 10485995_531379530355923_7636063608985561217_n

予報とは裏腹に午前中は快晴となったFSW。午前中に行われたETCC SPRINT S200クラスをドライコンディションの中、気持ち良い走りでクラス優勝&タイム更新した#100イチロー。
この流れに乗りたいところだが、耐久レースの始まる午後から雲行きが怪しくなり、次第に雨雲も垂れ込めてきた。

 

 12821359_531377643689445_545899798511017547_n 1456679_531378913689318_2498795650536852308_n

恒例のTeam GT #201は今年は1番目のピットスタート‬。清塚が監督を務め、とーる・ハセジュン・otb・Jpの2.0GT全4台で襷を繋ぐ。タモツはマシントラブルによりサポートに回っている。

OCクラスはドライバー交代と給油、TRクラスはゼッケンの貼り替えとポンダーの付け替えをこなす。全16チームのエントラントがそれぞれにチームワークを発揮し、コース上で熱戦を繰り広げている。

12814618_531379840355892_1113136277270998203_n 1512641_531379793689230_1605068990337690157_n 250192_531378737022669_7301630294522843523_n 10303376_531380060355870_3211010345027807484_n 922689_531379977022545_5232574585362999143_n 12814056_531379713689238_1213974458847956387_n 10341571_531380017022541_2653471806403773897_n 10383017_531378780355998_638629800476168687_n

開始から2h過ぎ。サーキットを包み込んでいる雨雲からとうとう雨粒が零れ落ちてきた。その後は降ったり止んだりと目紛しく変わる天気の中、"Team GT"は大きなマシントラブルもなく確実に襷を繋いでいく。

12821539_531380100355866_2332337386865960402_n

ドラシャを直した103号車のG山がピットに戻って来る。エアクリから雨を吸い込んでしまったのか、エンジンが吹け上がらず不調のようである。
アゲマツとよしあきがエアクリの吸い込み口を変え、エアフロを交換する。
鋭い吹け上がりと力強いエグゾーストを取り戻し、コース上に復帰していく。

ゴール時間まで残り30分。
"Team GT"はJpが、"おっさん号"は倉田がアンカーを務める。フルウェットだった天候も曇り空に変わり、薄暮がかるコース上のマシンはライトオンになっている。

944847_531378437022699_774183572148902285_n 12832296_531378880355988_6147673190610325298_n

16:50過ぎ。各車の完走を労うようにチェッカーが振られる。

仲間達はピットから飛び出し、フェンスにかじり付く。そしてGTが、156が感動を分かち合うようにパッシングで応えゴールラインを通過していく。

ハザードを焚きながら噛み締めるようにラストランとなるFSWを周回し、ピットロードに戻って来る2台のマシン。

1933894_531378473689362_7769360288136507747_n 1935720_531378520356024_5558190664347784399_n 12832319_531378503689359_3935320961476241858_n 12274588_531378920355984_4548084704533490449_n

ピットにいるメンバーから水を掛けられる手荒い祝福を浴びながら、全員で完走の喜びを共有した。

アンカーを務めた二人は共に、東京から旅立つ共通点があった。

12813929_531378603689349_5200555550112163008_n 12821523_531379443689265_5311002284631545190_n

けれど、離れていても人はいつだって繋がることが出来る。スティーレという箱を通じて、素晴らしい時間を共有し、見えない絆で結ばれているのだから。

 

12814030_531377507022792_5304628036827707865_n 12814383_531378593689350_3538137389740454670_n

レース結果と各チームのベストラップは、
[OC2000] "スティレニア・さよなら おっさんの会"#103 BEST 2'12.395/49LAP
総合14位/クラス1位/82周

[TR1000 ] "Team GT" #201 BEST 2'25.515/15LAP
総合13位/クラス3位/84周

【ETCC レースresult】

SPRINT予選

SPRINT決勝result

ENDURANCE Starting List

ENDURANCE 決勝(総合)result

写真提供(あっず、あず、西口大介)


Race Report

Race Report